省エネトラップ

技術概要

通常のスチームトラップを使用する場合、ドレンと一緒に多くの蒸気が漏れてしまうといった現象が起こり、
これは燃料を無駄に捨てていることと一緒です。
本トラップはドレンと蒸気の特性の違いを利用し、ドレンのみを排出させ、蒸気を漏洩させない構造となっています。
これにより無駄な蒸気の排出を抑制できるほか、可動部が無いため故障せず、
長期利用しても性能変化が起こりづらく、ウォーターハンマーやロッキングなども起こさない構造となっているため、
保守・メンテナンスコストの削減にも貢献することができます。

従来のトラップとの違い

  • 現在使用されているトラップには以下のように可動部があるものがほとんどである
  • 例えば、フロート式 ではドレン(青色)が溜まり、フロートを持ち上げ、排水弁を開ける。その際ドレインが排出
    されるが、同時に蒸気を高圧で送っているため、排水弁が閉まるまで生蒸気 も一部漏れることとなる

※ドレン排出のためのフロート、弁、バイメタルなど動作部分があり、激しい動作によっては破損したり、蒸気漏れを起こす可能性が高い!

試験効果測定の例

既設トラップ                          既設トラップ

実験箇所は野外貯湯タンク用の蒸気スチームトラップであり比較的、圧力の急激な変動は無い状態で試験を行いました。

実験中の様子                         実験中の様子

既存トラップのフロー図                     既存トラップのフロー図

結果

※試験測定を10分間実施

種類 既存トラップ 弊社トラップ
形式 フリーフロート式 ST ノズル式 #E0
計測前 計測後 計測前 計測後
計測時間(sec) 600 600
水槽重量(kg) 13.0 15.7 12.7 14.7
水増加量(Kg) 2.7 2.0

※1時間あたり4.2kg/hの蒸気の漏洩を防げる!

 

4.2kg/h × 20h × 350 日 = 29,400kg/年間
約30t もの蒸気漏れを削減可能

蒸気単価を7 円/kg※とした場合
29,400kg/年間 × 7 円/kg = 205,800 円/年間
であることから、年間で205,800 円の蒸気コスト削減効果が期待できる

効果

蒸気10%~の省エネを実現することができます。